■プロフィール

みゆう

Author:みゆう
神戸の一級建築士事務所
みゆう設計室のママ建築士です♪
ほんわか息子と陽気な娘の年子の母です。
母・主婦・女性の視線を活かした
住まいのデザインをしています。

■FC2カウンター

■リンク
■カテゴリ

■最新記事
■全記事表示リンク
■メールフォーム

お問合せ・資料請求にご利用ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■FREE

【Miyu Design】


兵庫・神戸の女性建築士の住まいづくり
みゆう設計室ホームページ

みゆう設計室~ママ建築士と楽しむ住まいづくり

Facebookページも宣伝

住まい×アロマ空間デザイン

Facebookページも宣伝

フィンランドの暮らしを見つめる女子旅

Facebookページも宣伝 ~*~*~*~*~*~*~*~

新築相談・資料請求などの お問合せは
◇コチラのメールフォーム◇

~*~*~*~*~*~*~*~

★mail magazine★
住まいづくりのお話を掲載した
メルマガをはじめました。
ぜひ購読してくださいね!





★ranking★

★favorite blog★
Powered By 画RSS




フィードメーター - before the Rain*~みゆう設計室のデザインブログ~

blogram投票ボタン

■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
■RSSリンクの表示
■ユーザータグ
■ 検索フォーム

■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード

QRコード

【 みゆう設計室からのお知らせ (みゆう設計室HP http://www.miyudesign.com/) 】
ママ建築士みゆうによる住まいづくり、メルマガ配信中! 購読(無料)は→こちら






☆ みゆう設計室のPHOTOブログ・イベント情報は → 子どものいる住まいづくり PHOTO BLOG

☆ ツイッターアカウントはこちら → みゆう設計室 ツイッターID:Miyu_D

☆ みゆう設計室へのお問合せはこちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。コメントも大歓迎!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | --:--:-- | twitterでつぶやく
アアルトをめぐる旅、ユヴァスキュラ
ママ建築士みゆうです。


アアルトをめぐる旅、今回はユヴァスキュラの街について。


IMG_0560.jpg 


ユヴァスキュラの街は16年前にも訪れました。

当時、フィンランドに来てから購入したアアルトの分厚い本(英語の本でした)を読んで
ユヴァスキュラという街に来たらアアルトの建築がたくさん見られることを知りました。
当時はそれくらい日本出版されているアアルトの本が少なかったし
情報が少なかったということなんですよね。


たまたまステイしていたのがユヴァスキュラから電車で2時間ほどのタンペレだったので
早朝出発して日帰りでユヴァスキュラに来たことを思い出します。


不思議なことに、その数年後にユヴァスキュラを背景にした国際コンペがあり
当時の大学のゼミの仲間とそのコンペに作品を出したのですよね。


その背景となった場所が


IMG_0566.jpg 


ここ。


後ろに幕がかけられているのが
アアルトが初期にデザインした建物で
この建物の保存と組み合わせて、手前の駐車場の部分と合わせた施設の計画
というコンペでした。


あのコンペから14年ほどたっているはずなのだけど
その後どうなったのかな・・・。
幕がかかっているから、古い建物の改修には入っているようだけど。



というような、なんだか思い入れのある街、ユヴァスキュラ。

中心地がコンパクトで買い物もしやすく、ほどよく都会で、ほどよい人の数。
アアルトの建物がたくさんあるし
フィンランドらしい洗練されたデザインもたくさん見られます。



インフォメーションで街のマップをもらったときに
アアルトの建築マップはありますか?(以前もらった覚えがあったので・・・)
と聞くと、インフォメーションでは有料になるので、一番最初にアアルトミュージアムに行くといいよ
ミュージアムでは無料でもらえるから。と言われました。

フィンランドの方は、どこに行っても的確な情報を丁寧に教えてくれます。



P7312691.jpg 


私はこの日に、ユヴァスキュラからバスで20分ほどのセイナッツァロという街の
これもアアルトがデザインしたタウンホール内に宿泊する予定だったので
先にそちらでチェックインをし、荷物を置いてユヴァスキュラの街に戻ってきました。


上の写真のバス乗り場からセイナッツァロへ。
バスが長いです。


このバス乗り場でバスを待っていたら・・・


IMG_0567.jpg 


すぐ横に、コンサートホールが見えました。
こちらもアアルトがデザインしたもの。
16年前に見に来たことを思い出しました。

当時は冬に来たので
見える景色が全然違って、同じ場所とは思えなかったのです。


セイナッツァロの建物は次に紹介します。
ユヴァスキュラに戻ってきて、すぐにアアルトミュージアムに。


P7312714.jpg 


アアルトミュージアムについては、別の記事で紹介します。

こちらでもらったアアルト建築マップは日本語バージョンもありました。



IMG_0618.jpg 


なぜか、私のスーツケース、ファイルと同じ系統の色のガイドマップで
このスーツケースとファイルを選んだ理由が分かった気がしました(笑)


P7312719.jpg 


ミュージアム外の外灯。



P7312718.jpg 


隣の博物館(こちらもアアルトが設計)の前に
サインとしての自転車が。

デザイン系のイベントが開かれていたようですね。



IMG_0589.jpg 


こちらはユヴァスキュラ大学。(大学写真も別の記事で紹介します)


訪れた時間が遅かったからか、夏休みだったからか
(多分夏休みだったんだろうね)
キャンパスには人がいなくて建物も皆クローズしてました。

16年前は私も学生だったのだけど
その時は授業中で、授業中の大講堂にこっそり入りましたねえ。

もちろん、16年前来た時は冬だったので
こんなに鮮やかな風景ではありませんでした。



IMG_0603.jpg 



街中に戻る途中に教会。

中に入ると、数人の演奏会を開いていました。
すごく素敵だった。


IMG_0601.jpg 


この公園の南に先に紹介したコンサートホールがあります。

この付近は、アアルトがデザインした
警察署、ホール、大学などの大きな建物が並びます。

アアルトの初期の作品もいくつか。
16年前に訪れた場所はいくつか省略しました。


IMG_0604.jpg 


ユヴァスキュラの街は大きなデパートと
小さなショップと
ある一定の範囲の中にたくさんあるので
ウィンドーショッピングもかなり楽しめました。

上のショップは子供服から大人の服、雑貨まで扱っていて
フィンランドのオリジナルの生地を使っている、と言われていました。


IMG_0619.jpg 


そこで、娘にワンピースを購入。

すごくかわいい。
ちょうど30%オフだったので
旅の最初でなかったら、多分大人買いしてたでしょう(笑)


このあと、セイナッツァロ、夏の家・コエタロに行くのですが
そこで出会った建築学生さんと
ユヴァスキュラで再会しました。

それくらい、建築を学ぶ者には魅力的な街です。





にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

にほんブログ村

 ↑ 
ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【みゆう設計室の講座、イベント】
住まい×アロマ空間講座
第1回:子どもの成長段階に対しての空間づくり+アロマ空間について
10月17日水曜日10:30~12:30 詳しくは→こちら

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・ 

  【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】
  みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
家づくりのPHOTOブログは → http://ameblo.jp/miyudesign/
資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:北欧インテリア・雑貨 - ジャンル:ライフ

フィンランドアアルトをめぐる旅 | 09:50:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。