■プロフィール

みゆう

Author:みゆう
神戸の一級建築士事務所
みゆう設計室のママ建築士です♪
ほんわか息子と陽気な娘の年子の母です。
母・主婦・女性の視線を活かした
住まいのデザインをしています。

■FC2カウンター

■リンク
■カテゴリ

■最新記事
■全記事表示リンク
■メールフォーム

お問合せ・資料請求にご利用ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■FREE

【Miyu Design】


兵庫・神戸の女性建築士の住まいづくり
みゆう設計室ホームページ

みゆう設計室~ママ建築士と楽しむ住まいづくり

Facebookページも宣伝

住まい×アロマ空間デザイン

Facebookページも宣伝

フィンランドの暮らしを見つめる女子旅

Facebookページも宣伝 ~*~*~*~*~*~*~*~

新築相談・資料請求などの お問合せは
◇コチラのメールフォーム◇

~*~*~*~*~*~*~*~

★mail magazine★
住まいづくりのお話を掲載した
メルマガをはじめました。
ぜひ購読してくださいね!





★ranking★

★favorite blog★
Powered By 画RSS




フィードメーター - before the Rain*~みゆう設計室のデザインブログ~

blogram投票ボタン

■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
■RSSリンクの表示
■ユーザータグ
■ 検索フォーム

■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード

QRコード

【 みゆう設計室からのお知らせ (みゆう設計室HP http://www.miyudesign.com/) 】
ママ建築士みゆうによる住まいづくり、メルマガ配信中! 購読(無料)は→こちら






☆ みゆう設計室のPHOTOブログ・イベント情報は → 子どものいる住まいづくり PHOTO BLOG

☆ ツイッターアカウントはこちら → みゆう設計室 ツイッターID:Miyu_D

☆ みゆう設計室へのお問合せはこちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。コメントも大歓迎!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | --:--:-- | twitterでつぶやく
Web内覧会*使いやすく暮らしていくために
ママ建築士みゆうです。


「プチガーデンを楽しむ家」のWEB内覧会続きです。

前回壁のセルフペイントをしたトイレの「床」の張替をしました。



【Before】 白めのクッションフロアでした

04_20141101131955213.jpg 


【After】 クッションフロアの貼り替えですが
少し色味のある木目のものに変えました。
壁の色が締まって見えますね。


 04_20141101131800bcf.jpg 


【After】 前回に設けたフレームともよく合いますね。


05_20141101131802b54.jpg 


【After】 洗面所の床
白い色目のクッションフロアは汚れが残る、とのこと。
汚れが目立たず、濃すぎない色の木目のクッションフロアを選んでいます。
また、洗濯機の上部に棚を3段。

今のところ収納は不足していませんが
カゴにタオルを入れて置いたり
グリーンを飾って明るい雰囲気にしてほしいと思います。

この棚を設置する前は
洗濯機前収納を置いていらっしゃったので
窓からの光や風も入りにくそうでしたので
「洗面所を明るい雰囲気に」という希望に大きな工事を行うことなく一歩前進。





06_201411011318032a3.jpg 


子ども部屋の使い方
お子さんの持ち物の収納の仕方や
「使えない」ロフトベッドの処分などについてもお話を重ねてきました。

ロフトベッドは確かにこのご家族にとっては使えないものでしたが
下部に設けられていた収納は有効利用することに。
配置を考えたら再利用できることが判明したので
捨てるものが減ったことに喜ばれていました。

お子さんの部屋の隣に設けられていた「納戸」は
もともと本棚を置いていた「書庫」だったのですが
この書庫を見直そう、ということになりました。
コンパクトで意外と居心地が良い空間なのです。

ここに、薄型の本棚を固定して設けました。


07_20141101131804d6a.jpg 


奥にスタンドライトがありますが
本棚は奥の壁にぴったり着いていません。

この壁にコンセントがあるから、なのですが
この窓下スペースが意外と心地良い空間なので
椅子や一人掛けソファを置いたら快適な読書空間になると思います。

また、この部屋を「学びの部屋」に。

お子さんが勉強をするために、本を読むために使う部屋。
もちろん大人が使ってもOK。

逆にお子さんの部屋は「リラックスする部屋に」
年齢差ある二人のお子さんが共有する部屋であるため
「使い方」に合わせた部屋の使い分けをすれば
個室をふたつ設ける必要はない、という判断をされました。


空間の使い方、を考えて家を考えるとすんなり答えが出てくるものも
「一般解」で、子ども部屋にはベッドと収納とデスクと本棚が必要という考えを持ってしまうから。

そういうお話をしっかりして、行った工事でした。






★お仕事応援セミナー★
心地良い暮らしをつくるコツ~
女性建築士の住まい講座導入編


インテリアや住まいに関わるお仕事で起業したい女性
女性の住まいづくりの考え方を知りたい方
自分のビジネスを「住まいと暮らし」に結び付けたい方
そして、インテリアが好きで自分の暮らしをより良くしたい方。

そんな方に楽しんで学んで頂ける講座にしたいと思います。

11月20日木曜日15:00~15:45
参加費:無料
定員:6名

参加したい方は、みゆう設計室のホームページ内のメールフォームにてお申し込みください。

→ メールフォーム


「笑顔で働きたいママのフェスタ2014 in 西宮」

egamama.jpg 

日時:11/18~20 11:00~16:00

場所:阪急西宮ガーデンズ4F
 ガーデンズホール・木の葉のステージ(ステージは19日のみ)



事前予約をすると、来場プレゼントがもらえます。 → 来場予約フォーム
紹介者の欄で
「37.一級建築士事務所みゆう設計室」
を選んでお申込みくださいませー!


egamama2014.jpg 


紹介者の欄でみゆう設計室を選んでくださった方には
コースター・なべつかみなどのインテリア小物
または、残りわずかの「みゆう設計室の家づくりレシピ」をプレゼントします。





ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・ 

  【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】
みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
Facebookページ → http://www.facebook.com/miyudesign.fpage
資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ

関連記事
スポンサーサイト





テーマ:快適な生活のために - ジャンル:ライフ

【R】プチガーデンを楽しむ家 | 13:44:15 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。