■プロフィール

みゆう

Author:みゆう
神戸の一級建築士事務所
みゆう設計室のママ建築士です♪
ほんわか息子と陽気な娘の年子の母です。
母・主婦・女性の視線を活かした
住まいのデザインをしています。

■FC2カウンター

■リンク
■カテゴリ

■最新記事
■全記事表示リンク
■メールフォーム

お問合せ・資料請求にご利用ください♪

名前:
メール:
件名:
本文:

■FREE

【Miyu Design】


兵庫・神戸の女性建築士の住まいづくり
みゆう設計室ホームページ

みゆう設計室~ママ建築士と楽しむ住まいづくり

Facebookページも宣伝

住まい×アロマ空間デザイン

Facebookページも宣伝

フィンランドの暮らしを見つめる女子旅

Facebookページも宣伝 ~*~*~*~*~*~*~*~

新築相談・資料請求などの お問合せは
◇コチラのメールフォーム◇

~*~*~*~*~*~*~*~

★mail magazine★
住まいづくりのお話を掲載した
メルマガをはじめました。
ぜひ購読してくださいね!





★ranking★

★favorite blog★
Powered By 画RSS




フィードメーター - before the Rain*~みゆう設計室のデザインブログ~

blogram投票ボタン

■FC2ブログランキング
■最新トラックバック
■FC2ブログジャンキー
■RSSリンクの表示
■ユーザータグ
■ 検索フォーム

■ ブロとも申請フォーム
■ QRコード

QRコード

【 みゆう設計室からのお知らせ (みゆう設計室HP http://www.miyudesign.com/) 】
ママ建築士みゆうによる住まいづくり、メルマガ配信中! 購読(無料)は→こちら






☆ みゆう設計室のPHOTOブログ・イベント情報は → 子どものいる住まいづくり PHOTO BLOG

☆ ツイッターアカウントはこちら → みゆう設計室 ツイッターID:Miyu_D

☆ みゆう設計室へのお問合せはこちらのメールフォームからお気軽にどうぞ。コメントも大歓迎!

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサー広告 | --:--:-- | twitterでつぶやく
廊下の有効利用~ワークスペース
ママ建築士みゆうです。

昨日の記事、廊下の有効利用の具体例のひとつ
デスクコーナーです。


CA3H0003.jpg


今、ダイニングに家族共有のファミリーデスクを設ける事例が増えていますが
個室まわりの廊下を広げてデスクを設けるデザインもよく採用されます。

寝室や、子ども室は寝るだけの部屋にしたい
というときにはかなり有効だと思います。
お母さんのちょっとした家事スペースに。
お父さんの残業スペースに。
お子さんの宿題スペースに。


温熱環境だけ整える必要はありますが
個室のある階にもワークスペースとして家族の共有空間が生まれます。




にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

にほんブログ村

 ↑ 
ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【みゆう設計室の講座、イベント】

ママ建築士×イクメンFPによる「住まいづくり×マネープランのお話会」 奇数月第2火曜日開催

  【日時】2011年9月13日(火)10:00~12:00
【会場】神戸西元町 ヒーローズサロン  申し込みは→ こちら
・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】

みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
設計・イベント等活動ブログは → http://ameblo.jp/miyudesign/

資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ





スポンサーサイト

テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

◆サブリビング・共有空間 | 21:39:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
廊下の有効利用
ママ建築士みゆうです。

今建てられる木造住宅の多くは、910mmモジュールの関東間で建てられています。
もちろん、メーターモジュールなどを取り入れる場合もありますが
流通している建材は関東間向けのサイズが多いので
コストを下げるためにもベースを910mmモジュールにすることは多くなります。

この910mmモジュールの廊下というものは意外と狭い。


P7250238.jpg

家族が集う家、ではスパンは950mm。


基本的に動線が短い住まい、となると
廊下があまりできないものなのですが
それだけでなく、狭い廊下が長くあると風通しも悪くなりますし
廊下や部屋が暗くなる原因にもなります。

ということから、私がプランニングする住まいは比較的

「廊下が少ない」

ものが多くなっています。


廊下を少なくする方法としては

◆ 動線を短くする

◆ 意味のある空間で、個室をつなぐ


意味のない廊下は「無駄なスペース」という感じが否めませんが
意味のある廊下は有効な空間になるのです。

また改めて、その「意味のある廊下」について紹介します。



にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ

にほんブログ村

 ↑ 
ブログランキング参加中!
ぽちっと応援クリックよろしくおねがいします♪

・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【みゆう設計室の講座、イベント】

ママ建築士×イクメンFPによる「住まいづくり×マネープランのお話会」 奇数月第2火曜日開催

  【日時】2011年9月13日(火)10:00~12:00
【会場】神戸西元町 ヒーローズサロン  申し込みは→ こちら
・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】

みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
設計・イベント等活動ブログは → http://ameblo.jp/miyudesign/

資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ





テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

◆サブリビング・共有空間 | 21:31:33 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
リビングとは別の家族の共有空間~読書スペース
ママ建築士みゆうです。

ママ建築士らしい住宅設計のポイントとして
リビングとは別の共有空間に設けた読書スペースがあります。

ただ通るだけの長い廊下はあまり作らないようにしています。
あえて少し広い廊下にして
本棚を設ける事例をいくつか作っています。


CA3H0007.jpg


階段型本棚。



PAP_0693.jpg  

住みながらリフォームされたお住まいですので、工事中の写真です。
居室と廊下の間に読書コーナーを設けられました。



hj_2.jpg  


こちらは中庭を望む、リビング横の廊下です。




ak_3.jpg  


こちらは階段を上がった空間に、共有のデスクと本棚を。



s1_01.jpg


こちらも階段上に読書コーナーを設けるご提案です。


廊下が狭いと、小さいお子さんが子ども室をうまく活用できないという話も聞きます。
狭くて少し怖い廊下だと、トイレトレーニングなどもうまく進まないかもしれません。
また、本を家族で共有することで、たくさんの本を読む機会を得るという点も
おさえています。

できるだけ、光が入り、家族が気楽に使える読書スペースとしています。





にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
 ↑ 
いつも見てくださってありがとうございます。
ブログランキング参加中!応援クリックよろしくおねがいします♪
・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・※・・・

【Miyu Design 一級建築士事務所みゆう設計室/兵庫・神戸】
みゆう設計室ホームページ → http://www.miyu-design.com/
 ブログ本家は「暮らしブログ」→ http://miyu-design.jugem.jp/
イベント等お知らせブログは → http://ameblo.jp/miyudesign/

資料請求・お問合せ・感想は こちらのメールフォーム よりどうぞ





テーマ:住まい - ジャンル:ライフ

◆サブリビング・共有空間 | 23:54:09 | トラックバック(0) | コメント(0) | twitterでつぶやく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。